Interviewメビウスの人

東洋メビウスはの先輩社員の声を紹介します。

全体が見える
自分だからこそできる仕事

運輸事業部T.I.

2014年入社

配車の全体像をとらえる

現在は埼玉県にある工場(比企郡吉見町・久喜市)の出荷の配車業務を行っています。輸送品質・安全を確保するために乗務員の休息時間や残業を管理し、効率的な運行計画により売上確保に努めています。私が勤務している東日本配車センターには工場ごとに配車担当者がおり、お互いの情報を常に共有しながら業務に当たっています。自分の担当の工場を見るだけなく、全体を捉えながら業務を行うことが大切だと感じています。

責任を持って全力で取り組む

配車の仕事は日によって内容が違います。そして配車は“お金”を生む仕事です。ドライバーの方たちそれぞれの家庭や生活に、配車担当者は自分の裁量によって良くも悪くも多大な影響を与えることができてしまいます。非常に責任の重い仕事です。だからこそ日々の仕事に全力で取り組むことが大切です。そして全力で取り組んだからこそ感じられる達成感がやりがいとなり、次へのモチベーションになっていると感じています。

配車業務へ初挑戦する人の道標になりたい 

先輩方のほとんどが大型トラックのドライバー経験者なのに対して、私は普通自動車に少し乗ったことがある程度でした。配車担当になり、地理・土地勘を覚え、見よう見まねでがむしゃらに配車業務に取り組んできました。慢性的なドライバー不足と同様に、今後配車業務を行う人も不足していくと予想されます。私のように、ドライバー経験のない人が配車担当になる際には、自分の経験を伝えて人材育成に役立ちたいと思っています。

ある1日のスケジュール
7:30出社
8:00配車業務(出荷オーダーの確認、車両集車、変更対応)
12:00昼食
13:00配車業務(輸送依頼書作成・送付、配車チェック、翌日のオーダーのチェック)
18:30退社