Interviewメビウスの人

東洋メビウスはの先輩社員の声を紹介します。

自ら考えて行動し
頼られる存在に

物流事業部S.F.

2013年入社

求められる情報を的確に伝える

物流事業部で、主に倉庫管理システムの運用管理、契約関係の取りまとめ、収支分析資料などの作成を担当しています。各事業所の方々と連絡を取ることが多く、相手がどういう答えを必要としているのかを推測し、分かりやすい言葉で伝える力が重要になってきます。また倉庫管理システムでは、イレギュラーなことが発生した際には解決法を考えて提案や改善をしたりすることも多く、ルーティンワークだけでなく自ら考えて行動を起こすことも多い仕事です。

感謝の言葉に感動

初めは物流のことが全く分からず、各事業所の方から問い合わせを受けてもお役に立てなくて、無力さを感じる日もありました。ですが、「分からないなら自分なりに調べよう」と少しずつ業務を覚えていくうちに、任せてもらえる仕事も増え、問い合わせに対応できたり、提案が採用されたりして、「ありがとう」「助かった」という言葉を掛けられた時は感動しました。分からないことは丁寧に教えてくれるので、成長できる環境だと感じています。

学んだことを伝えていきたい

最近では教える立場になることも増えてきたので、私が上司から学んだことを私の言葉で分かりやすく伝えていけるようになりたいと思っています。ですがまだ自分のことで精いっぱいで後輩への指導がおろそかになることもあり、日々反省しています。まずは余裕を持って自らの業務に取り組めるようになり、ゆくゆくは多くを任され、頼られる存在になりたいと思います。また業務の幅を広げ、新しいことにも積極的に挑戦していきたいです。

ある1日のスケジュール
8:00出社、メールチェック、予定確認
8:30部内ミーティング
9:00資料作成・電話対応
12:00昼食
13:00打ち合わせ
14:00倉庫管理システム対応・資料作成・電話対応
18:00退社