Interviewメビウスの人

東洋メビウスはの先輩社員の声を紹介します。

みんなを巻き込み
より高い品質を

作業グループK.I.

2010年入社

無事に届けることをモットーに

大阪支店作業グループに所属し、お得意先工場のフォークリフトオペレーターリーダーとして構内作業に従事しています。主な作業としては、資材の準備・供給、製品の受け入れ、入出荷予定を確認して行う入出庫作業などを行っています。作業の合間には作業手順書の作成・見直しや、力量に応じた個別教育指導を行い、日々作業品質の向上に努めています。「得意先で生産された製品を無事に届けること」をモットーに作業を遂行しています。

皆で取り組んだ安全活動

2014年度、大阪支店ではフォークリフト荷役作業時の事故が多発しました。「このままでは駄目だ」と作業者全員で話し合い、「やらされるのではなく、進んで行う指差呼称」に取り組みました。ドライブレコーダーの映像で作業者間での相互チェックを行い、また安全巡視で作業状況を確認して、日々安全活動に取り組みました。その結果、事故を大幅に削減することに成功し、「一人では何もできない、皆で協力し合えば何でもできる」ことを体感しました。

「頼られる自分」になる

教育する立場として知識を蓄え、よくコミュニケーションを取り、「頼られる自分」でありたいと思います。また課題に対し、「なぜこうなるのか?」をよく話し合い、現場を自分の目で確認して、真の原因を追究していきたいです。そして今までにない新たな改善や提案を行える人材になりたいです。また、お得意先・協力会社に信頼される関係性を築き、自社のみならずお得意先・協力会社の繁栄にも貢献したいです。

ある1日のスケジュール
7:10出社
8:00朝礼で本日の作業内容報告
8:20フォークリフト始業前点検
10:00時差勤務者出勤に伴い無線等で人員配置
11:00構内作業
12:00昼休憩
13:15昼礼にて作業の進捗確認
14:00構内安全巡視
15:00作業日報・作業手順書の作成
16:30退社